公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会

札幌市児童会館

札幌市児童会館・ミニ児童会館ブログ

カテゴリー: 【南区】担当スタッフより

【定山渓小ミニ】8月のおはなしタイムは…

8月25日(木)は読み聞かせボランティアの重松さんによるおはなしタイム📖

定山渓小学校の卒業生でもある重松さんは、毎回季節に合ったお話を読んでくれます。

今回は8月15日の終戦記念日にちなんだ絵本と紙芝居でした。

1冊目は『へいわってすてきだね』

沖縄の端っこにある島の男の子が書いた詩が絵本になっているそうです。

「ずっとへいわがつづくように、ぼくも、ぼくのできることからがんばるよ。」

みなさん聞き入っていました。

2冊目は、紙芝居『ちっちゃいこえ』

広島で起きた悲しい日の出来事を、黒猫の目線で描かれた物語です。

1年生の女の子は「悲しいきもちになった」という感想でした。

戦争を直接知らない世代にも感じるところはあったようです。

原画である『原爆の図』は広島で見ることができるそうです。

高校の修学旅行は10年後・・・この日のことは小さくても覚えておいてほしいですね。

一覧へ戻る